2015年01月18日

あの日から20年

ツイッターでは昨日つぶやいたが、流れてしまうので、こちらにも書くことにした。
1995年1月17日朝5:46激しい揺れに起こされた。揺れが続く中動けず、近くのタンスが倒れないか見続けていた。
揺れがおさまってから家の中を見て回ったが、台所で物が落ちて水道の水が出ていただけだった。テレビをつけたが、鉄道は動いていると言っていた。神戸の震度が表示されないのが気になったが、出勤時刻が迫っていたので準備を進めた。
駅に着くと電車が止まっていたことがわかった。テレビの情報は誤っていた。近鉄だけが動き出した。その近鉄も余震のたびに止まることになる。道路も渋滞で動けなかった。
私は何とか出勤することができた。教頭は考え得る限りの手段で出勤を試みたが断念した。
学校に着くと100人ほどの生徒が登校していた。教職員が何人出勤できていたかは把握していない。私も含め、定時に間に合わなかった人も多い。とても授業ができる状態ではない。当時の修学旅行は3学期始めに行われており、2年生は代休だった。だから1年生と3年生だけが登校するはずだったが、2学年480人ほどのうち2割ほどしか登校できなかった。校長は何とか出勤できており、その指示を仰げたが、管理職が出勤できなかった学校もあったと思う。市教委の指示を仰ぎたかったが、電話がつながらない。テレビから情報を得ようとしたところ、神戸の惨状を見て初めて地震の規模の大きさを知った。
神戸に住む先生の中には長らく出勤の手段がなかった人がいる。幸い関係者の中に人的被害はなかったが、自宅が壊れた先生はいる。後日聞いた話に、タンスが自分を飛び越えたと語った先生がいる。
posted by birdo at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年01月14日

計算順序

6÷2(2+1) の答が9だとかいう話が回ってきた。

計算順序は小学校では習ったが、その後は取り立てて習ったということはない。小学校の時なので、四則演算しかなかったし、文字もまだ扱わなかった。
だから、×と÷は+とーに優先する。()内は先に計算する。それ以外は左から計算する。という単純なものだったし、掛け算の記号も×のみ。

しかし、中学校に進むと文字を扱うし、掛け算の記号も・とabのように省略するものが加わる。さらにa2のように累乗も出てくる。この辺りであらためて計算順序を教えるべきだと思うのだが、習っていない。計算問題の指導を受け、解くうちに会得した。計算順序の指導なしに実際の計算の中から規則に気づいて知ったというのが実際のところ。
1. ( )内
2. べき(累乗)
3. ・, 省略の掛け算
4. ×, ÷
5. +, -

3. だが、中学校の数学の教科書については覚えていない。高校の数学の教科書については教えていたので、よく知っている。a÷bc と a÷b×c の答えが異なることから分かる。
冒頭の問題は( )内を計算すれば、ここで a=6, b=2, c=3 としたものとなる。
posted by birdo at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学

2015年01月02日

近畿大会

昨年末12月26日(金)27日(土)に奈良県田原本町で近畿大会が行われた。
1日目の26日に上演中に他校の吊り物が落下するという事故が起きた。
幸いにして誰もいない所に落ちたので怪我などはなかったとのこと。すべての上演が終わり、講評が始まる前にこの事故についての報告があった。材質は段ボールを使ったものであったらしい。上演を中止することはなかったが、最後の方で役者が登場する辺りで、暗転を待って撤去したので、その役者が登場するのを少し待たせることになったらしい。私はコンクールでは独自に計時している。61分をわずかに超えていて心配していた。ただ、私は緞帳が下り切るまでを測っているので、ルールとは少し異なる。運営の計時でも数秒超えたが、この事故の影響として不問としたとのことだった。
実は大会によりルールは異なる。全国大会では緞帳が下り切るまで計時することになっている。だから、私は全国大会のルールで測っている。
実はもう1校気になる上演があった。最後にパネルなど舞台装置を破壊したのだが、その最中に半間ほどの高さからテーブルが落下した。これは極めて危険な行為。この件に全く触れられなかったのは大いに不満。

審査の結果今夏の全国大会に出場するのは大阪代表大阪府立緑風館「太鼓」、3月の春季フェスに出場するのは京都代表立命館「よろこびの歌」。両校は2月8日(日)に春秋座で上演します。
posted by birdo at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇