2015年11月24日

格安SIMに移行しました

携帯料金が高いと思って格安SIMに移行しました。

調べるとSIMフリーの端末でなくともOKでドコモの回線を使う業者が多いので、ドコモの端末でもほとんどのSIMが使える。auの端末をそのままだと選択肢が少ない。ソフトバンクの端末は買い換えるしかない。

通話料金は従量制がほとんどなので、通話が多いと損する可能性が高くなる。月60分辺りからしっかり検討する必要がありそう。私はほとんど使わないので、移行する方が圧倒的に有利。

通信量によりプランが異なるので、自分の通信量を把握してプランを選ぶ。私の場合は1GB未満の月がほとんどで、たまに1GBを超えるので、1GBのプランで十分。ただ3GBが最低という業者が多い。1GBのプランを持つのは少ない。ほとんどが残った通信量を繰り越しできる。

通話を全く使わないと更に安くできる。通話を使う場合でも、電話番号が変わっても構わないなら先にSIMを入手できるので移行は簡単。MNPを使うとなると、どうしても通話やWiFi以外の通信が使えない空白が生じる。店頭で手続きできるなら、その空白を短くできるが、店頭でできるものは少なく、ほとんどはネットでの手続きになる。ネットでの手続きの場合は郵送になるので、数日かかる。

私はその空白をデータSIMで埋めようとしたが、ここに落とし穴があった。DMMにしようと思った。ここなら1GBのプランがある。繰り越しできるので、たまにある1GBを超える月も大丈夫。ところが、データSIMを以前使っていたWiFiルータにセットして、いよいよ通話できるSIMを申し込もうとしたら、受け付けられない。どうやら1人1契約らしい。
仕方なく、第2候補のBIC SIMにして店頭で手続きした。予定より少々高くなるが、十分。1年後には変更できるので、その時にあらためて考えよう。

MNPを申し込んでも予約だけで、まだ使える。使えなくなるのは、転入の手続きをした時。店頭なら1時間も経たずに新しいSIMを入手できる。後はAPNの設定をすれば移行完了。ネットだと郵送になるので、届くまで日数がかかる。

私の場合、iPhoneで月7000円弱だったのが、月2000円弱になる予定。2年縛りの満期でなかったので、1万ちょっとの解約手数料を余分に支払うことになったが、3ヶ月で取り戻せる。MNPに5000円ちょっと、初期費用に3000円ちょっとと結構費用はかかるが、解約手数料を含めても5ヶ月で取り戻せる。
posted by birdo at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168473405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック