2010年09月19日

1尺≠30cm

パネルを解体して作り替えようとしていたので、理由を尋ねると、高さが182cmのパネルと180cmのパネルがあるから、180cmの方に揃えようとしているということだった。しかし、パネルはメートル法ではなく、尺貫法で作られているはずで、高さが6尺のはず。1尺≒30cmではあるが、ちょうど30cmではない。30.3cmの方がよりよい近似値。従って、6尺≒181.8cm。
高さが180cmのパネルの方が間違いで、一体いつそんなものを作ったのかは知らないが、困った先輩がいたものである。
posted by birdo at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇部
この記事へのコメント
薄ベニヤ板のサイズから181.8mm×90.9mmを作る際には木工カッターで余白をひたすら切り落とします
ええ練習になりますし、度量衡の比較がいやでも身につきます
Posted by 和泉 at 2010年09月20日 10:36
尺相当目盛付のメジャーを何年か前に渡したはずなのに、なくなっている。
Posted by birdo at 2010年09月21日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63744023

この記事へのトラックバック